メニュー開閉

Photography完成写真は企業の財産
写真を残す文化を築く

完成写真は企業の財産

「完成写真は企業の財産」という理念のもと
建築業界に写真を残す文化を築き、
国内No.1の建築写真サービスを目指します。

住宅建築業界に「完成写真を残す文化」を築く。

はじめに

ユーザーの理想やこだわりに寄り添い、さまざまな工夫を凝らして完成させた住宅は、工務店や設計事務所などつくり手のみなさまにとって貴重な実績です。その完成写真は、設計・建築に携わった企業の「財産」とも呼ぶべきもの。なぜなら、蓄積された完成写真こそが次に出会うユーザーの信頼をつくり、新たな受注への足がかりとなるからだと私たちは考えています。

ここにない家を可視化する

ここにない家を可視化する

住まいづくりのパートナーを探すユーザーが常に気にかけているのは、「この会社に依頼すればどのような家ができるのか」という点。住まいという人生最大の買い物を前に、ユーザーは慎重にならざるを得ません。住宅は非常に高価でありながら、購入を決める時点で完成品を見ることができないという、極めて特殊な商品です。だからこそユーザーは、さまざまな住宅展示場を訪ね、多くのカタログなどを見ながら、自分たちが将来暮らす住まいのイメージをできる限り「可視化」していくことを望みます。

そんな中、商談でお会いした際に「過去にどのような家を建ててきたか」を完成写真で示すことは非常に重要だと考えています。完成写真は決して単なる記録写真ではありません。コンパクトカメラやスマートフォンで簡易的に撮った写真と、経験・スキルを備えたプロのフォトグラファーが撮影する写真では、当然ながら大きな差が出ます。実際の住宅は素晴らしいのに、写真でそれが伝わらないばかりにユーザーの気持ちが離れていくのはあまりに惜しいものです。

過去の実績として、適正な品質で撮影されたさまざまな完成写真を目にし、そこに自分たちが理想とするものを見つけたとき初めて、ユーザーの心には「この会社に家づくりを任せたい」という想いが生まれてくるのだと思います。

建築業界に「完成写真を残す文化」をつくる。

「完成写真を残す文化」を築く

完成写真を残していくことの重要性は、少しずつ認知されてきていますが、まだまだ十分とはいえません。建築業界に「完成写真を残す」という文化を定着させることが、当社の使命であると考えます。年間多くの家づくりを手がけられる工務店・設計事務所様には、特定の住戸だけを撮影するのではなく、「建てたら全戸を写真に残す」ことを継続していただきたいと思っています。

エリア拡大と今後のビジョン

2013年のサービス提供よりこれまで2000棟以上の撮影を行いました。その中で設計・建築された住戸すべての撮影をお任せいただく企業も増えてきました。現在、関東・中部・関西エリアをカバー。今後フォトグラファーのネットワークを拡充し、スピード感をもって全国展開を進めていきます。

当社が目標とするのは「年間2400棟」の建築撮影です。

国内での新築着工戸数を考えれば1%にも満たない数字ですが、住宅建築業界に風穴を開け、新しい文化を築き上げるのに足る数字だと私たちは信じています。

イエフォト

建築写真撮影サービス「イエフォト」

安心の価格(戸建:45,000円)と確かな品質で、多くの工務店・設計事務所様に支持されサービス開始から300社・2000棟以上の住宅建築撮影に特化した撮影サービスです。

https://www.iephoto.jp

詳しくみる